━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       SKA-JP News Letter
                         2017/4/1#010
                         発行部数 206 部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

INDEX ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】SKA-JPからのお知らせ(12−3月活動報告・4−7月の予定)

【2】SKA機構本部からのニュース ピックアップ(12−3月分)

【3】その他お知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┓
┃1┃SKA-JPからのお知らせ(12−3月活動報告・4−7月の予定)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 -------------------------------------------------------------
 ▼ SKA-JP 技術開発地域会議 in 鹿児島が開催
 -------------------------------------------------------------
 日本SKAコンソーシアム技術開発検討班は、2016年12月17日に鹿児島大学
 稲森会館において、『日本SKAコンソーシアム「技術開発」地域会議 in 鹿
 児島』を開催しました。主として工学系研究者や産業界に対して、次世代
 電波望遠鏡計画SKAの概要を紹介し、関連する技術開発の要求やそれにマッ
 チするシーズとしてどのような技術的蓄積があるかについての意見交換を行
 うことを目的としました。当日は、16件の口頭発表、18件のポスター発表が
 あり、鹿児島県内に加えて九州各地から民間からの参加者16名を含む合計48
 人の参加が得られました。この会合をきっかけに、コンソーシアムへの企業
 からの参加者を増やすことができました。また、SKA計画に参画する際に日
 本からの貢献としてどのような技術を提供しうるのかについて、本検討会発
 足以前よりも広い範囲で意見交換をすることができました。今後も国内各地
 で地域会議を開催していきたいと考えています。
 研究会HP:http://milkyway.sci.kagoshima-u.ac.jp/skajp-ewg2016/
 (文:鹿児島大学 赤堀卓也)

 -------------------------------------------------------------
 ▼ 「銀河進化と遠方宇宙」2017(第四回)開催
 -------------------------------------------------------------
 1/7-1/9に熊本県阿蘇にて研究会「銀河進化と遠方宇宙」2017を開催しました。
 研究会には26名が参加し、宇宙再電離、銀河進化、宇宙論について多数の研究
 発表が行われました。今回はALMAやSubaru HSC/PFSなど他波長の講演もあ
 り、SKAとのシナジーに関する議論が活発に行われました。
 また、昨年夏より遠方宇宙グループを中心にSKA precursorであるMWAに加入
 することになりMWA-Japanが発足しましたが、本研究会ではMWAを用いた研
 究の進捗や今後の計画などが報告されました。特にMWAとSubaru HSC/PFSを
 組み合わせた宇宙再電離の観測と大規模シミュレーションによる物理的解釈と
 いうMWA-Japanのメインサイエンスに関する初期成果が発表されました。
 発表スライドがSKA Japanのウェブページ(http://ska-jp.org)にあります
 ので是非ご覧ください。
 (文:熊本大学 高橋慶太郎)

 -------------------------------------------------------------
 ▼SKAエンジニアリングレポート
 -------------------------------------------------------------
 学術界、産業界問わず、日本国内の研究開発者を読者として想定した、SKAの
 設計と技術課題についてまとめたレポートを作成しました。SKAにはWork Package 
 Consortia (WPC)と呼ばれる技術開発を担う国際共同体が組織されており、SKA
 の技術開発に携わろうとする場合、技術分野に応じたWPCに参加して開発を進
 めることになります。今回作成したエンジニアリングレポートは、WPC参加に向
 けた基礎資料であり、その目的は、国内研究開発者にWPC参加を促すことです。
 そこでレポートの各セクションにおいては、まず各WPCの組織情報や担当して
 いる技術分野を紹介し、次いで、公開されているSKA技術文書をもとに要素技術
 の詳細をまとめています。さらに、そこから発掘したSKAの技術課題や、日本の
 技術貢献の可能性について検討した結果を報告しました。このまとめによって、
 SKA計画の理解を助け、我が国のSKA参入を狙いたいと考えています。
 (文:山口大学 青木貴弘 )


┏━┓
┃2┃SKA機構本部からのニュース ピックアップ(12−3月分)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 昨年12月から今年3月にSKA機構本部からリリースされたニュースのタイ
 トルをピックアップしました。詳しくは各リンクをご覧下さい。

 ▼ 2016年の重要イベントを振り返りつつSKA本部より年末の挨拶(12/1)
  http://skatelescope.org/news/seasons-greetings-from-the-ska-with-the-2016-advent-calendar/

 ▼ 未知への探求: SKAの新しい予告編ムービーが欧州の優秀賞を受賞(12/9)
  http://skatelescope.org/news/discovering-the-unknown-skas-new-trailer-wins-european-excellence-award/

 ▼ SKAの最終デザインに向けたエンジニアリングの重要な節目を通過(12/14)
  http://skatelescope.org/news/ska-achieves-key-engineering-milestone-towards-final-design/

 ▼SKA本部より年末年始のご挨拶(12/22)
  http://skatelescope.org/news/2016-seasons-greetings/

 ▼オランダのSKAパスファインダー技術が初期成果を発表(2/3)
  http://skatelescope.org/news/dutch-ska-pathfinder-technology-produces-promising-first-result/

 ▼英国担当大臣Jo Johnson氏がSKA本部を訪問(2/9)
  https://www.skatelescope.org/news/hera-ska-precursor/

 ▼欧州委員会後援のSKA VLBIプロジェクトが始動 (2/21)
  http://skatelescope.org/news/european-commission-backed-ska-vlbi-project-kicks-off/

 ▼ 2017SKAエンジニアリング会議の講演登録開始 (2/21)
  http://skatelescope.org/meetings/2017-ska-engineering-meeting-now-open-for-registration/

 ▼SKA precursorのHERAがムーア基金より5800万ドルの助成金を獲得 (3/6)
  http://skatelescope.org/news/ska-precursor-telescope-receives-usd5-8-million-grant-from-moore-foundation/
 (文:鹿児島大学 中西裕之)

┏━┓
┃3┃その他お知らせ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今年4月以降に開催のSKA関連研究会をピックアップしました。詳しくは
 各リンクをご覧下さい。

 ▼Fundamental Physics with the SKA
  日時:2017年5月1-5日、場所:Flic-en-Flac, Mauritius
  http://skatelescope.ca/fundamental-physics-ska/

 ▼2017 SKA Engineering Meeting
  日時:2017年6月12-16日、場所:Rotterdam, Netherlands
  https://indico.skatelescope.org/event/432/

 ▼'The Broad Impact of Low Frequency Observing’ and the ‘4th LOFAR Users Meeting'
  日時:2017年6月19-23日、場所:Bologna, Italy
  http://www.astron.nl/lowfrequencyobserving2017/

 ▼'The Broad Impact of Low Frequency Observing’ and the ‘4th LOFAR Users Meeting'
  日時:2017年6月26-30日、場所:Prague, Czech Republic
  http://eas.unige.ch/EWASS2017/about.jsp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【編集後記】
  SKA-JP newsletterでは会員の皆様からの寄稿を受け付けておりますので
  是非お寄せ下さい。

 【次号の原稿募集および発行予定】
  次号2017年8月号の原稿〆切は7月7日(金)、発行は8月1日(火)です。
  4−7月に開催された企画、8月ー12月に開催の企画など情報をお寄せ下
  さい。記事の一部はSKA機構本部発行のSKA eNEWSにも使わせて頂きます。

 【配信停止や配信先変更等】
  SKA-JP newsletterの配信停止や配信先変更等は直接、管理者(中西裕之、
  hnakanis@sci,kagoshima-u.ac.jp)までお知らせ下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 SKA-JP News Letter 編集部
  執筆:青木貴弘、赤堀卓也、高橋慶太郎、中西裕之
  管理・編集:中西裕之