━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       SKA-JP News Letter
                         2017/8/1#011
                         発行部数 201 部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

INDEX ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】SKA-JPからのお知らせ(4 7月活動報告・8 11月の予定)

【2】SKA機構本部からのニュース ピックアップ(4 7月分)

【3】その他お知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┓
┃1┃SKA-JPからのお知らせ(4 7月活動報告・8 11月の予定)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 -------------------------------------------------------------
 ▼ SKA-Athena Synergy Workshop参加
 -------------------------------------------------------------
 日本SKAコンソーシアムの会員である赤松弘規(SRON)と赤堀卓也(鹿児島
 大学)は、「SKA-Athena Synergy Workshop」で講演するために、2017年
 4月24日と25日にSKA機構本部に滞在しました。会議ではAGN・再電離・
 突発天体・銀河・銀河団・大規模構造などの様々な研究報告を交えて、X線の将
 来計画AthenaとSKAのシナジーについて議論が行われました。会議の結果は科
 学白書として出版予定です。
 詳細のリンク:https://indico.ifca.es/indico/event/426/
 (文:鹿児島大学 赤堀卓也)

 -------------------------------------------------------------
 ▼ SKA機構本部滞在報告(赤堀)
 -------------------------------------------------------------
 日本SKAコンソーシアムの副代表、赤堀卓也(鹿児島大学)は、2017年4月
 26日と27日にSKA機構本部に滞在し、SKA本部と情報交換を行いました。
 Director GeneralのPhil Diamond氏に日本SKAコンソーシアムの活動の進捗を報
 告し、日本の参加の道筋について意見を伺いました。Head of Project Management
 のAndrea Casson氏からはスケジュールならびにWPCの今後について、WBPSF 
 Project ManagerのMark Harman氏とDish System EngineerのAndrea Cremoniniか
 らはWBSPFの開発状況についての情報収集を行いました。
 (文:鹿児島大学 赤堀卓也)

 -------------------------------------------------------------
 ▼SKA機構本部出向報告(今井)
 -------------------------------------------------------------
 5月31日から7月15日の日程で、SKA機構本部(英国ジョドレルバンク観測
 所内)へ出向してきましたので、ここに報告します。
 機構本部の拡張工事が本格化し、骨組みの組み立てが現在進んでいます。SKA1
 建設経費の上限( 764M)を満たす様な仕様とデザイン、建設工程の案が確定さ
 れていく中で、日本がSKA1から参加する道筋が見えてきたところです。
 今年2回目となるマンチェスター大学共催の市民向けイベント(bluedot)は大盛況
 ・大好評に終りましたが、SKAコーナーにも大勢の一般市民・家族連れが訪れ、
 学術と芸術の融合の機会を満喫していました。今後、各種会合で詳細を報告して
 参りたいと思います。
 (文:鹿児島大学 今井裕)

 -------------------------------------------------------------
 ▼SKA Engineering Meeting 2017 参加報告
 -------------------------------------------------------------
 年一度のペースで開催されるSKAの技術開発及び運営・交渉担当者向けの研究会
 が、6/12 17に掛けてロッテルダム(オランダ)で開催されました。
 主にSKA参加国から集まった関係者から成るSKAのシステムデザインを手掛ける
 Working Package Consortia (WPC)の各種会合が並行開催された一方、SKAの近
 況報告やproject management等の公開セッションが充実していました。今回は特
 に、建設コスト見積もりの推移や、Critical Design Review (CDR)やその後の建設
 に向けたきめ細かなスケジュールに焦点が充てられていました。
 さらに、SKAの様な巨大事業を推進する上で必要な手法やスキルについての講演
 が充実していました。講演内容の詳細は、下記webで確認できます。
 https://indico.skatelescope.org/event/432/material/slides/
 (文:鹿児島大学 今井裕)

┏━┓
┃2┃SKA機構本部からのニュース ピックアップ(12 3月分)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 昨年12月から今年3月にSKA機構本部からリリースされたニュースのタイ
 トルをピックアップしました。詳しくは各リンクをご覧下さい。

 ▼第23回SKAボード会議(4/7)
  http://skatelescope.org/meetings/outcomes-of-the-23rd-ska-board-meeting/

 ▼SKAパスファインダー望遠鏡が新しいFRBを3天体発見(4/13)
  http://skatelescope.org/news/ska-pathfinder-detects-3-new-frbs/

 ▼ 世界最大電波望遠鏡本部の建設始まる(4/28)
  http://skatelescope.org/news/construction-begins-on-headquarters-for-the-worlds-largest-radio-telescope/

 ▼国際チーム、近傍銀河におけるガスの大規模探査を完遂(5/18)
  http://skatelescope.org/news/2016-seasons-greetings/

 ▼SKA precursorのMeerKAT 32アンテナによる新たな画像を公開(5/19)
  http://skatelescope.org/news/international-team-completes-large-survey-of-gas-in-galaxies/

 ▼南ア科学技術大臣Naledi Pandor氏がSKA本部を訪問 (5/19)
  http://skatelescope.org/news/rsa-minister-science-visits-ska-hq/

 ▼ ASKAP望遠鏡がFRB第一発見の快挙 (5/22)
  http://skatelescope.org/news/askap-frb/

 ▼Giovanni Bignami氏逝去 (5/25)
  http://skatelescope.org/news/chairman-of-the-ska-board-prof-giovanni-bignami-passes-away/

 ▼ロッテルダムにて2017 SKA技術会議が開催 (6/12)
  http://skatelescope.org/news/2017-ska-engineering-meeting-kick-off-in-rotterdam/

 ▼ガーナおよび南ア、SKAアフリカ電波望遠鏡ネットワークのファーストライトを祝福 (7/5)
  http://skatelescope.org/news/ghana-south-africa-celebrate-first-light-ska-linked-african-network-radio-telescopes/

 ▼SKA、CERNとのビッグデータ協定に署名 (7/14)
  http://skatelescope.org/news/ska-signs-big-data-cooperation-agreement-cern/

 (文:鹿児島大学 中西裕之)

┏━┓
┃3┃その他お知らせ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今年8月以降に開催のSKA関連研究会をピックアップしました。詳しくは
 各リンクをご覧下さい。

 ▼「星形成と銀河構造における磁場の役割」
  日時:2017年12月20ー 22日、場所:鹿児島大学 郡元キャンパス

 ▼XXXIInd General Assembly and Scientific Symposium of the International Union of Radio Science
  日時:2017年8月19-26日、場所:Montr al, Qu bec, Canada
  http://www.ursi2017.org/welcome_e.shtml

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【編集後記】
  SKA-JP newsletterでは会員の皆様からの寄稿を受け付けておりますので
  是非お寄せ下さい。

 【次号の原稿募集および発行予定】
  次号2017年12月号の原稿〆切は11月3日(金)、発行は12月1日(金)です。
  8 11月に開催された企画、12月ー翌3月に開催の企画など情報をお寄せ
  下さい。記事の一部はSKA機構本部発行のSKA eNEWSにも使わせて頂きます。

 【配信停止や配信先変更等】
  SKA-JP newsletterの配信停止や配信先変更等は直接、管理者(中西裕之、
  hnakanis@sci.kagoshima-u.ac.jp)までお知らせ下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 SKA-JP News Letter 編集部
  執筆:赤堀卓也、今井裕、中西裕之
  管理・編集:中西裕之