━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                         
       SKA-JP News Letter
                                2012/8/21 #002
                  発行部数 114 部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

INDEX ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【1】今月の SKA News

 【2】サイエンスワーキンググループからの活動報告

 【3】エンジニアワーキンググループからの活動報告

 【4】各種宣伝(研究会やWS, 外部資金情報等)

 【5】編集部からの報告事項、後書き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┓
┃1┃今月の SKA News
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 前号でお知らせしたようにSKAはオーストラリアと南アフリカに
 分割して建設されることになりました。今号ではそれぞれの国での
 準備状況をお知らせします。

 オーストラリアではSKAのprecursorであるASKAPの建設が
 進んでいます。ASKAPは12mのアンテナ36台からなる望遠鏡で
 0.7-1.8GHzの周波数帯をカバーします。6月にアンテナが
 全て設置され、2013年の稼働までに受信機が配備される予定です。
 またASKAPのデータ解析のために3300万ドル規模のスーパー
 コンピュータが配備されることも決定しています。

 一方南アフリカではやはりSKAのprecursorであるMeerKATの
 建設が進んでいます。MeerKATは13.5mのアンテナ64台からなり、
 周波数帯は0.58-1.75GHzです。64台のうち7台はすでにKAT-7として
 稼働しており、連星や近傍銀河などに関する初期科学データが
 出始めています。

 これらのprecursorは2016年から建設が開始されるSKA phase 1の
 一部として利用されます。

 このコーナーでは今後もSKA本部や参加国の活動に関するニュースを
 取り扱っていきます。

 SKA本家のホームページはこちら
 ⇒ http://www.skatelescope.org/

 SKA NewsLetterの登録はこちら
 ⇒ http://www.skatelescope.org/newsletter/


┏━┓
┃2┃サイエンスワーキンググループからの活動報告
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 -------------------------------------------------------------
 ▼Cosmic Magnetism
 -------------------------------------------------------------
 (1) 6月25,26日に日本におけるSKA「宇宙磁場」研究を進展させることを
 目的とした、研究会合宿を開いた。合宿では、研究報告とレビュー
 講演を織り交ぜて最前線の研究を紹介し合い、これを踏まえてSKA計
 画に向けた今後の戦略や、装置開発、観測提案などについて忌憚の
 ない意見交換を行った。

 研究会webページはこちら
 ⇒ http://milkyway.sci.kagoshima-u.ac.jp/groups/ska-jp/wiki/9f0d8/SKA.html


 (2) 6月12日にSkype会議を行った。

 ○研究紹介 (滝沢)
       "多波長観測で探る衝突銀河団の動的な姿と高エネルギー現象"
 ○論文紹介 (市來)
       
 ○研究進捗状況報告 (熊崎)
       "Faraday RM synthesisを用いた銀河間磁場観測"
 ○観測プロポーザルの進捗状況報告 (赤堀)
 ○研究会の準備状況報告 (町田、赤堀)

 議事録はこちら
 ⇒ http://milkyway.sci.kagoshima-u.ac.jp/groups/ska-jp/wiki/c835d/index.html


 (3) 7月10日にSkype会議を行った。

 ○研究会総括&秋の科研費申請に向けての議論 (赤堀)
 ○観測プロポーザルの議論 (赤堀)
 ○研究紹介 (藤田)
       "ALFVEN WAVE AMPLIFICATION AND SELF-CONTAINMENT OF COSMIC-RAYS
        ESCAPING FROM A SUPERNOVA REMNANT"

 議事録はこちら
 ⇒ http://milkyway.sci.kagoshima-u.ac.jp/groups/ska-jp/wiki/64653/index.html

 -------------------------------------------------------------
 ▼Active Galactic Nuclei
 -------------------------------------------------------------
 -------------------------------------------------------------
 ▼Pulsars
 -------------------------------------------------------------
 -------------------------------------------------------------
 ▼Galaxy Evolution and High-z Universe
 -------------------------------------------------------------

 6月12日と7月10日にSkype会議を行った。
 ○宇宙再電離に関する研究会(フランス)の報告を行った(長谷川)

 ○宇宙密度揺らぎの非ガウス性を中性水素21 cm線観測から探る可能性
 (Chongchitnan & Silk 2012)を検討した(横山)。

 ○East Asia SKA consortiumの活動の一つとして行われる、中性水素
 研究会(中国 北京; 9月25〜26日)への参加の呼びかけを行った
 (参加希望者は市來まで)。
 
 議事録はこちら

 ⇒ http://milkyway.sci.kagoshima-u.ac.jp/groups/ska-jp/wiki/499e3/Galaxy_evolution_and_highz_universe.html

 -------------------------------------------------------------
 ▼Astrometry
 -------------------------------------------------------------

 SKAの周波数バンドのうちのSKA-midでは、パルサー等低周波数連続波
 電波源及び、水酸基、メタノールメーザー輝線などがアストロメトリ
 の主対象として考えられます。一方、高角分解能を得る為に将来のス
 ペースVLBIでは広視野をカバーするL-band(1.6GHz付近)受信システム
 を搭載しSKAを含めた地上望遠鏡群と共にアストロメトリ観測を実施す
 れば、10マイクロ秒角レベルのアストロメトリ精度が期待されます。
 この度、International Centre for Radio Astronomy Research (ICRAR)
 のRichard Dodson氏を筆頭に、シミュレーション上でこのような精度が
 実現できることを示す論文の執筆を進め、例えば中国の新スペースVLBI
 計画の推進関係者等へ提示するための準備を進めているところです。
 詳細は開催が迫っている国際天文学連合(IAU)総会の頃には公表できる
 予定です。ご関心のある方は、本人か今井までお知らせ下さい。

 -------------------------------------------------------------
 ▼Wide-Band Spectral Line Survey
 -------------------------------------------------------------

┏━┓
┃3┃エンジニアワーキンググループからの活動報告
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┓
┃4┃各種宣伝
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 -------------------
 ▼外部資金公募情報
 -------------------

 科研費を中心に各種研究公募の季節がやって参りました。今年度(前年度中
 公募締切分)では、関係者皆様のご尽力により、SKA-JPに関する活動を支え
 る資金の獲得について大きな進展が見られました。SKA本体の建設候補地が
 決まり、建設に関わる役割分担について具体的な議論/交渉が始まり、また、
 ASKAP、MeerKAT等、SKA percursors の運用が始まろうとしています。
 研究活動資金獲得の重要性と共に、皆さんが温めてきたアイデアの実現を
 研究公募への応募を通して叶えることを期待するところです。

 以下補足1に、科研費以外の当面の研究公募/研究助成の予定を列記します。
 目的に併せて各自応募されることをお願いします。
 新たな公募の情報の収集等、以降努力して参ります。

 またSKA-JPでは、科研費も含めてこれら公募に組織的に対応することに努力
 しております。つきまして、各種研究公募に応募される方々が集って今後
 Skype会合を行い、情報・アイデア交換などを進めべく、以下補足2で
 Skype会合(SKA-JP外部資金WG)の予定を列記致します。みなさまの御参加を
 お待ちしています。

 【補足1】 研究公募の当面のスケジュール

 年間の予定については、SKA-JP外部資金公募情報wikiリンクをご参照下さい。 

  ⇒  http://milkyway.sci.kagoshima-u.ac.jp/groups/ska-jp/wiki/410d7/Funding_info.html

 財団法人天文学振興財団 (随時受け付け、各助成について締切注意)
 ホームページ: http://www.fpastron.jp/index.html

  国際交流に対する助成、国際研究集会参加に対する助成、
 国際研究集会開催に対する助成
 共に次回は9月末日申し込み締切

 日本学術振興会 二国間交流事業(共同研究・セミナー)及び特定国派遣研究者
 JSPS締切: 2012.9.12 ※各大学/研究機関における締切を確認のこと
 ⇒ http://www.jsps.go.jp/j-bilat/semina/shinsei_bosyu.html
 ⇒ http://www.jsps.go.jp/j-bilat/tokuteikoku/shinsei_bosyu.html

 【補足2】 SKA-JP研究資金WGの今後のスケジュール(案)

 1回目:8月第1−2週目  2回目:9月第1週目前半or2週目前半
 3回目:9月第4週目    4回目:10月第2周目     
 5回目:10月第4周目

 (以降は大型公募等で必要があれば企画します)

 参加ご希望の方は、下記会合スケジュール調整サイト「伝助」に入り、
 ご都合の良い期日を御入力下さい。スケジュール確定し次第お知らせ致します。

 ⇒ http://densuke.biz/list?cd=eCdqkuGLgS3sKELs



┏━┓
┃5┃編集部からの報告事項、後書き
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ----------------------------------------------------
 ▼東アジアSKAコンソーシアム キックオフHI会議@北京
 ----------------------------------------------------

 朝、夕の日差しがちょっと秋らしくなってきましたが、昼間はまだまだ
 暑いですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 さて、前回このコーナーで報告しました「東アジアSKAコンソーシアム」
 の活動として、中性水素に関するワークショップを北京で開催します。
 日程は9月25,26日です。中国の21CMAやFAST望遠鏡の状況や、共同研究
 の可能性について議論を行う予定です。

 日本からはSWG(Galaxy Evolution and High-z Universe)のコアメンバが
 数名参加します。開催まで日がありませんが、参加に興味
 ある方は、日本側の窓口 (ichiki.at.a.phys.nagoya-u.ac.jp)まで
 ご連絡下さい。

 ワークショップの内容は後日このコーナーで報告したいと思います。

 ワークショップのホームページはこちら
 ⇒ http://159.226.88.6/NGCA/meeting/SKA-EAC/index2012.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【SKA-JP News Letterの配信停止】
  下記にて手続きを行ってください。
  ⇒ http://ska-jp.org/MailMag/deregistration.html
 
  (配信停止はもうしばらく待ってみませんか?あまりにたくさんの
  停止願いがあると、編集部が拗ねてしまうかもしれません。)
 

 【配信先メールアドレス変更方法】
  1)下記にて現在のメールアドレスの配信停止を行ってください。
   ⇒ http://ska-jp.org/MailMag/deregistration.html
  2)下記にて新しいメールアドレスをご登録ください。
   ⇒ http://ska-jp.org/MailMag/registration.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 SKA-JP News Letter 編集部
  執筆:高橋、赤堀、出口、今井、中西、平下、市來
  管理・編集:市來