━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                         
       SKA-JP News Letter
                                2012/12/10 #003
                  発行部数 114 部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

INDEX ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【1】今月の SKA News

 【2】サイエンスワーキンググループからの活動報告

 【3】エンジニアワーキンググループからの活動報告

 【4】各種宣伝(研究会やWS, 外部資金情報等)

 【5】編集部からの報告事項、後書き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┓
┃1┃今月の SKA News
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回のニュースはASKAPの竣工についてです。

 SKAのパスファインダーの1つであるASKAP (Australian Square Kilometre 
 Array Pathfinder)が10月5日に竣工しました。36台のアンテナが
 完成し、運用に向けての準備が始まります。

 ASKAPはSKAの重要なテクノロジーの1つPhased Array Feedsの試験機として
 使用されるだけでなく、その広視野を生かして大規模なサーベイを行い
 銀河や磁場の進化の解明を目指します。またASKAPはやがてSKA Phase 1の
 一部として統合されます。

 このコーナーでは今後もSKA本部や参加国の活動に関するニュースを
 取り扱っていきます。

 SKA本家のホームページはこちら
 ⇒ http://www.skatelescope.org/

 SKA NewsLetterの登録はこちら
 ⇒ http://www.skatelescope.org/newsletter/


┏━┓
┃2┃サイエンスワーキンググループからの活動報告
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 -------------------------------------------------------------
 ▼Cosmic Magnetism
 -------------------------------------------------------------

  10月24日にSkype会議を行った。
 ○SWGから:観測プロポーザルの推奨(含む臼田64m)(赤堀・中西)
 ○秋−冬の活動計画の立案 (赤堀)
 ○論文紹介 (7-10章, 小澤&津田)
   Feretti et al., "Clusters of galaxies : observational 
   properties of the diffuse radio emission"
   The Astronomy and Astrophysics Review, Volume 20, article id. #54>
 ○科研費について (赤堀)

 議事録はこちら
 -->http://milkyway.sci.kagoshima-u.ac.jp/groups/ska-jp/wiki/c02bf/index.html


 11月13日にSkype会議を行った。
 ○偏波データ解析の勉強の経過報告 (安楽・中西)
 ○スターターキットの進捗報告 (安楽・中西)
 ○観測プロポーザルの打ち合わせ (津田・高橋)
 ○MWA(Murchison Widefield Array)報告 (赤堀)

 議事録はこちら
 --> http://milkyway.sci.kagoshima-u.ac.jp/groups/ska-jp/wiki/82236/index.html


 -------------------------------------------------------------
 ▼Active Galactic Nuclei
 -------------------------------------------------------------
 -------------------------------------------------------------
 ▼Pulsars
 -------------------------------------------------------------
 -------------------------------------------------------------
 ▼Galaxy Evolution and High-z Universe
 -------------------------------------------------------------

 10月9日にSkype会議を行った。
 ○East Asia SKA consortium HI会議(北京)の報告を行った(市來)

 ○論文紹介(平下)
  Srianand et al., "Search for cold gas in z > 2 damped Lyα systems: 21-cm
  and H2 absorption" MNRAS 421, 2012

 ○SKA memo 141についての議論(高橋)

 議事録はこちら
  --> http://milkyway.sci.kagoshima-u.ac.jp/groups/ska-jp/wiki/45d06/10.html

 -------------------------------------------------------------
 ▼Astrometry
 -------------------------------------------------------------
 11月6日にSkype会議を行った。sub-WGの公式会合としては初回である。
 ○メンバー自己紹介、wikiを使った情報共有、SKAの近況の説明
 ○現状アストロメトリの簡単なレビュー:電波(VERA、VLBA等), 光赤外(JASMIN)
 ○SKA Precursor及びそれを使った準備研究の紹介
 ○Open discussion

 議事録はこちら
 --> http://milkyway.sci.kagoshima-u.ac.jp/groups/ska-jp/wiki/8d89a/20121106.html

 11月4日-25日にかけてタスマニア大学及びCSIRO Astronomy and Space Science 
  (CASS)を訪問した(今井)。
 ○GASKAP (Galactic ASKAP Spectral Line Survey)及び準備研究の打ち合せ
 ○上記に関するコロキウム講演
 ○南天メタノールメーザー源アストロメトリ計画及びOHメーザー源掃天観測計画
    に関する情報入手
 ※JSPS「特定国派遣事業」からの補助を受けています。
    
 sub-WG活動内容はこちら
 --> http://milkyway.sci.kagoshima-u.ac.jp/groups/ska-jp/wiki/a8d3e/Astrometry.html

 -------------------------------------------------------------
 ▼Wide-Band Spectral Line Survey
 -------------------------------------------------------------

┏━┓
┃3┃エンジニアワーキンググループからの活動報告
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 エンジニアワーキンググループでは「広帯域」をキーワードに以下の項目に
 ついて技術開発を進めています。

 (1) DSP (デジタル信号処理)グループ  (鹿児島大 中西)
  鹿児島大学グループではUC Berkleyを中心としたデジタル信号処理の国際連携で
  あるCASPERプロジェクトに参加し、そこで開発されたFPGAボード(ROACHボード)
  を用いてデジタル電波分光計の開発を進めています。

 (2) ソフトウエアグループ(帝京科学大 倉山)
  SWG 宇宙磁場研究グループとともにファラデー グラフィー解析のための専用ソフト
  の開発を検討しています。

 (3)フィードグループ(情報通信研究機構 氏原)
  広帯域フィードとして4バンド複合型のフィード開発を進めています。
  帯域内でバンドを選択的に最適化することで、シームレスな広帯域
  フィードよりも感度が向上します。

 開発グループ、メンバーは随時募集中です。興味のある方はお気軽に
 SKA-JPコアメンバーへ声をおかけください。

┏━┓
┃4┃各種宣伝
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 -------------------
 ▼外部資金公募情報
 -------------------

 ○国立天文台
 共同開発研究、研究集会、共同研究
 募集要項: http://jouhoukoukai.nao.ac.jp/kouryuu/koubo/h25kyodo.html
 次回締めきり: 1月31日
  
 ○財団法人天文学振興財団 http://www.fpastron.jp/josei.html
 次回締めきり: 1月31日

 ○公益財団法人 山田科学振興財団
 日本天文学会を通して財団へ推薦する期限: 2013.2月、財団必着2/28
 財団ホームページ: http://www.yamadazaidan.jp/enjyo2.html
 
 ○三菱財団の第44回(平成25年度)自然科学研究助成金公募
 応募開始日 平成24年1月7日 応募締切日 平成24年2月4日
 公募ホームページ: http://www.mitsubishi-zaidan.jp
 
 年間公募スケジュールに関する情報はこちら
 --> http://milkyway.sci.kagoshima-u.ac.jp/groups/ska-jp/wiki/410d7/Funding_info.html

┏━┓
┃5┃編集部からの報告事項、後書き
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ----------------------------------------------------
 ▼宇宙電波懇談会へ向けたサポートのお願い
 ----------------------------------------------------

 これまで案内等させて頂いております通り、12/21-22開催の宇宙電波懇談会
 シンポジウムに向けて臨時定例会を開きSKA-JPのプロジェクト再確認の作業
 を進めております。これまでの議事メモは

   http://milkyway.sci.kagoshima-u.ac.jp/groups/ska-jp/ 

 で確認可能です。

 なお12/21-22に国立天文台三鷹キャンパスで開催されます宇電懇シンポは
 コミュニティーの声を反映させる大切な会合ですので、SKA-JPメンバーから
 多くの参加とサポートをお願いしたいと思います。


 ----------------------------------------------------
 ▼東アジアSKAコンソーシアム キックオフHI会議@北京
 ----------------------------------------------------

 さて、前回このコーナーで紹介しましたが「東アジアSKAコンソーシアム」
 の活動として、中性水素に関するワークショップが9月25,26日の日程で
 北京で開催されました。中国、韓国、台湾、日本から総勢20名程度が
 参加しました。日本からはSKA-JP SWG の活動状況報告(市來)と、
  21cm温度揺らぎに対する重力レンズ効果についての研究発表(竹内(良))
  を行いました。

 中国からは21CMA電波干渉計のデータ解析(計算機システムやソフトウェア)
 の状況や、実際に得られた100degx100degのマップが公表されました。
 既に銀河系外の点状天体(QSO)が複数(~100)検出されており、
 韓国の研究グループとの共同研究として、既存のQSOタログとの
 マッチングや時間変動についての研究を開始することが確認されました。

 次回の会議は中性水素に限らずSKAサイエンス全体の会議として来年6月頃
 に名古屋にて開催を計画中です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【SKA-JP News Letterの配信停止】
  下記にて手続きを行ってください。
  ⇒ http://ska-jp.org/MailMag/deregistration.html
 
  (配信停止はもうしばらく待ってみませんか?あまりにたくさんの
  停止願いがあると、編集部が拗ねてしまうかもしれません。)
 

 【配信先メールアドレス変更方法】
  1)下記にて現在のメールアドレスの配信停止を行ってください。
   ⇒ http://ska-jp.org/MailMag/deregistration.html
  2)下記にて新しいメールアドレスをご登録ください。
   ⇒ http://ska-jp.org/MailMag/registration.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 SKA-JP News Letter 編集部
  執筆:高橋、中西、今井、出口、平下、市來
  管理・編集:市來