━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       SKA-JP News Letter
                                2016/5/25#007
                 発行部数 192 部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

INDEX ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】2015年度活動報告

【2】2016年度活動予定 

【3】各種宣伝

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┓
┃1┃2015年度活動報告
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 -------------------------------------------------------------
 ▼SKA Science bookが出版されました
 -------------------------------------------------------------
 国際SKAサイエンスワーキンググループが中心となり、前回2004年の出版か
 ら10年を経て、2015年9月16日に2000ページを超える2冊の論文集が出版さ
 れました。
 日本からは13名が著者として参加しています。詳しくは以下のページをご覧
 ください。
 https://www.skatelescope.org/news/ska-science-book/

 -------------------------------------------------------------
 ▼SKA-JP Science bookがarXivにてリリース
 -------------------------------------------------------------

 日本語版SKAJP Science bookの中から、日本の特徴的なサイエンスについて
 取り出して英語化し、2016年3月7日にarXivに上げることができました。
 筆頭著者は各sub-SWGのリーダーが務め、arXiv番号はそれぞれ1603. 01938
 (銀河進化;竹内) 01961(再電離;長谷川) 、01951(パルサー;高橋)、01959(宇宙
 論;山内) 01974(宇宙磁場;赤堀) 02042(位置天文;今井)です。
 ぜひご覧ください。

 -------------------------------------------------------------
 ▼第三回「銀河進化と遠方宇宙」研究会開催
 -------------------------------------------------------------

 2015年9月7-8日、神戸市教育会館(兵庫県神戸市)にて第三回「銀河進化と遠
 方宇宙」研究会を高赤方偏移宇宙グループ(宇宙論・銀河進化・再電離サブサ
 イエンスグループ)主催で開催しました。研究会には30名を超える研究者が出
 席し、各サブサイエンスグループ代表による活動報告および関連する研究成
 果発表が行われました。また、SKA先行機のひとつであるMWAによる再電離
 期観測の責任者であるRachel Webster教授(オーストラリア、メルボルン大学)
 を招いてMWA計画の概要について講演いただいたのち、MWA・SKAによるサ
 イエンスに関する議論を行いました。

 -------------------------------------------------------------
 ▼日本天文学会 企画&特別セッションの開催
 -------------------------------------------------------------

 2015年9月11日、甲南大学で開催された日本天文学会秋期年会において企画
 セッション“SKA計画の概要とSKAが拓く天文学”、および特別セッション 
 “Transformational Science and Technology with the SKA”を開催しました。
 海外からDiamond氏, Dewdney氏, Keane氏 (SKAO), Webster氏(Melbourne大)
 らを招待し、SKAの運営形態、SKAに よって可能となるサイエンス、および
 日本が計画に参加する可能性について議論を行いました。 学会最終スロットに
 もかかわらず100名近い参加者があり、SKA計画に対する大きな興味と期待が
 現れたセッションになりました。

 -------------------------------------------------------------
 ▼「パルサー・突発天体・EWG」合同研究会
 -------------------------------------------------------------

 2015年9月12日、神戸市教育会館(兵庫県神戸市)にて「パルサー・突発天体・
 EWG」合同研究会を各グループの合同主催で開催しました。研究会には
 SKA機構からKeane氏とDewdney氏を招き、パルサーや突発現象の研究概要と
 関連する技術開発項目などの招待講演を頂きました。研究会には20名程度の
 研究者が出席し、国内での活動報告の発表、そして今後について議論を行いました。

 -------------------------------------------------------------
 ▼日本SKAサイエンス会議第四回「宇宙磁場」
 -------------------------------------------------------------

 2015年9月17ー19日の3日間、鹿児島大学において日本SKAサイエンス会議
 「宇宙磁場」2015を開催しました。宇宙論、銀河団、ジェット、銀河、星間現
 象、系内現象について7件の招待講演と18件の寄与講演、そして4件のポスター
 講演がありました。講演に加え、1日目午前には偏波観測データ解析の講習会、
 3日目午後には観測プロジェクトの検討会、ファラデートモグラフィーのレビュ
 ーとトモグラフィーの検討会を開催しました。

 -------------------------------------------------------------
 ▼SKA-JPシンポジウムを開催
 -------------------------------------------------------------

 2016年3月18日、国立天文台三鷹キャンパスにおいてSKA-JPシンポジウムを
 開催しました。SKA-JPはじめ各組織の活動状況を俯瞰した後、有識者による
 パネル討論を行い、サイエンス・エンジニアリング・ガバナンス・国内コミュ
 ニティーのあり方について議論を行いました。
 成果の詳細はSKA-JPのwikiあるいはメーリングリスト[ska-jp:00441]をご覧く
 ださい。

 -------------------------------------------------------------
 ▼日豪低周波位置天文学を鹿児島大学で開催
 -------------------------------------------------------------

 日本におけるアストロメトリは、電波ではVERA/VLBIのグループ、光赤外線
 ではJASMINEのグループが先導して進められています。この2つの分野が協
 力してSKAに乗り込んで行くという合意形成が進みつつあり、その具体的な
 科学的ターゲットとして天の川銀河バルジや、局所銀河群について検討が進
 んでいます。2016年3/月28-31日には、国際研究集会"Australia-Japan 
 School on Low Frequency Astrometry in the SKA Era"を鹿児島大学で開催し、
 SKA周波数バンドでのアストロメトリにおいて、大気による効果の補正や広帯
 域観測システムの構築などを追求して行く必要性を確認しました。

 -------------------------------------------------------------
 ▼SKA-JPパンフレット製作
 -------------------------------------------------------------

 2016年3月にSKA-JP産業フォーラムはSKA-JP科学検討班及び技術検討班
 と協力して、日系企業との情報交換をより加速させる目的で、A4版4ページの
 SKA-JPパンフレットを製作しました。SKA-JPのwikiにてご覧頂けます。


┏━┓
┃2┃2016年度活動予定 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 -------------------------------------------------------------
 ▼日本SKA合同サイエンス会議を開催予定
 -------------------------------------------------------------

 日本SKA合同サイエンス会議「宇宙磁場:銀河系内現象から大規模構造へ」を
 今年2016年秋に山形県にて開催の予定です。これまで宇宙磁場科学検討班では
 年1回研究会を開催してきましたが、今年はこれまで宇宙磁場に特化した研究会
 から一歩進み、磁場と関係の深い星間現象、パルサー、突発天体の3グループ
 との共催とする事で、電波以外の他領域との相関を探り、天体現象のより深い
 理解を目指します。多くの方の参加をお願い致します。

 -------------------------------------------------------------
 ▼日本SKAインダストリー フォーラム
 -------------------------------------------------------------

 日本SKAエンジニアリング ワーキンググループでは、日本からのより具体的な
 技術的参加を検討するため、今秋、企業向けフォーラムを開催し、日本の技術
 が活かせる開発要素について議論する場にしたいと考えております。詳細が決
 まり次第、案内致しますので、多くの方にご参加頂けると幸いです。


┏━┓
┃3┃各種宣伝
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 -------------------------------------------------------------
 ▼新規科研費プロジェクトの紹介
 -------------------------------------------------------------

 「広帯域電波観測による銀河の3次元構造の解明と宇宙論的磁場の検出」
 研究代表者:高橋慶太郎 若手研究(A) 平成28年度 平成31年度 


 -------------------------------------------------------------
 ▼SKAOからSKA Science Bookの贈呈
 -------------------------------------------------------------
 SKAO機構長Phil Diamond氏より、SKA Science Bookの無料配布を希望す
 る日本の大学・研究機関のリストを作成してPhil氏に送るよう依頼がありま
 した。教育及び研究、さらにSKAによるサイエンスの検討で有効活用を希望
 する機関につきましては、Science Book送付先を英文でお知らせ頂ければ幸
 いです。5月31日(火)までに今井(hiroimai@sci.kagoshima-u.ac.jp)に
 までお知らせ下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【編集後記】
  昨年度より広報は鹿児島大学の中西が担当することになりました。  
  Vol.6の発行からかなり時間が空いてしまいましたが、2016年
  は計3回の発行を目指したいと思います。よろしくお願い致します。

 【次号の原稿募集および発行予定】
  次号2016年8月号の原稿〆切は7月8日(金)、発行は8月1日
  (月)です。4−7月に開催された企画、8−11月に開催の企画
  など情報をお寄せ下さい。

 【SKA-JP News Letterの配信停止】
  下記にて手続きを行ってください。
  ⇒ http://ska-jp.org/MailMag/deregistration.html

  (配信停止はもうしばらく待ってみませんか?あまりにたくさんの
  停止願いがあると、編集部が拗ねてしまうかもしれません。)


 【配信先メールアドレス変更方法】
  1)下記にて現在のメールアドレスの配信停止を行ってください。
   ⇒ http://ska-jp.org/MailMag/deregistration.html
  2)下記にて新しいメールアドレスをご登録ください。
   ⇒ http://ska-jp.org/MailMag/registration.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 SKA-JP News Letter 編集部
  執筆:赤堀、市來、今井、中西、長谷川
  管理・編集:中西